肩こり、腰痛改善に効果的!!グッズ!運動やツボ、サプリメントなど体験や口コミ評判をまとめてみた。

腰痛に効くストレッチや運動、クッションなどを紹介していきたいと考えています。

腰痛予防の正しい寝方。

〇寝方:

寝る時の姿勢は、体に負担がかかりにくいよう仰向けがよいとされていますが、腰痛の時は、横向きで軽く膝を曲げて寝たり、腰に枕を引いて眠ると楽です。また、うつぶせの寝方も、腰に負担がかかります。

 

〇腰回りの循環:

寝起きで、腰回りの筋肉が固まっており循環が悪くなっており、血液がいきわたらず痛みが発生するときもあります。

 

〇寝る前の対策:

  • 腰にバスタオルを巻くことで、寝ている間、腰が無理なねじれや曲がったりするのを防ぐことができます。

 巻き方

  1. バスタオルをタテに2つに折る。
  2. 腰からお尻にかけて、タオルで覆うように、きつく巻く。

 

  • 身体にフィットする抱き枕を使うことで、腰への負担を選らすことができます。
  • ひざ下にクッションをおく

 

 

 

神経筋制御能を整える体操

やまおく体操とは

  • 膝の痛みや腰痛、肩こりでお悩みの方におすすめ
  • 自宅にいながらスキマ時間でひざと腰の痛みの対策ができる
  • ストレス解消におすすめ
  • 「神経筋制御」のメカニズムに着目した健康法です。

 

やまおく体操

やまおく体操の特徴

レッグプレスマシンやトータルヒップマシン、インナーサイマシン
ディッピングマシン、チェストプレスマシンにリセットバイク
といった機材を組み合わせて使用することで、脳の反射神経を正常化させる体操

 

口コミ

  • 動画配信やDVDで、手軽に自宅でエクササイズができます。
  • 効果はバツグンで日ごろ動かしていない部分をピンポイントで鍛えることができ、シェイプアップ効果も期待できそうです。

 

 

 

腰痛になる原因!おすすめの運動

腰痛になる原因

背骨のゆがみ:

 猫背などで、背骨のゆるやかなカーブを崩してしまい、背骨で重力を分散する力が弱  くなります。結果、周辺の筋肉へ本来かけてはならない負担をかけてしまい、筋肉疲労 から炎症を起こします。

冷え:

 身体が冷えることで交感神経が刺激され血の巡りが悪くなり、筋肉疲労が起きます。

ストレス:

 ストレスにより自律神経が影響を受け、交感神経と副交感神経のバランスがくずれて血行が悪くなったりします。

 

腰痛対策おすすめ運動

体操:

 ストレッチ、筋トレの両方を兼ねて対策ができます。ラジオ体操は13種類の運動で全身を動かし柔軟性の向上や血行増進の効果が見られます。

ラジオ体操:

 ラジオ体操は、有酸素運動、筋トレ、ストレッチ、バランス運動の4つを網羅しています。就業前行ってる会社も多いようです。

ウォーキング:

 1日1時間背筋を伸ばし歩く、全身運動で筋肉が鍛えられ、心肺機能の向上にもつながります。

水泳:

 浮力で浮くので、腰への負担が少なくて済みます。

その他:

 筋肉疲労による腰痛なら筋肉をほぐすことで、対策になります。

 続けることが大切なので、マイペースに行える運動がいいと考えられます。背筋や腹筋などは、全身運動になるしやりたいときにできるので、おすすめではないでしょうか。

 

NGスポーツ

 腰をひねるようなスポーツは、逆に悪化につながります。腰を痛めているときに控えた方が用意スポーツは以下

  • ゴルフ
  • 野球
  • テニス

 

 

 

首用湯たんぽストレッチ枕口コミ

 

商品説明

  • 頭痛や肩こり、、腰痛などこれらの原因は、首の酷使にある首のストレスだという考え方もあるようです。そんな悩みにおすすめなのが、「ホット首ストレッチャー」です。
  • 従来の湯たんぽ同様、お湯を入れて使用します。
  • 1日5分の首のストレッチです。

首を温めてほぐす湯たんぽストレッチ枕

 

口コミ

  • 首がのびる感じで肩こりのあるかたオススメです
  • めちゃくちゃ気持ちいい。
  • 簡易的で、リーズナブル
  • 予想していたよりもストレッチ感がなかった。

 

まとめ

首の緊張をやわらげるには、ストレッチと温めが必須。湯たんぽでなくても温めたタオルを首に置くだけでも、緊張を和らげることができます。首のあたりの緊張は

肩のこりや、頭痛などにもつながります。テレビをみながら、本を読みながら、ながらストレッチに最適ではないでしょうか。

 

 

腰痛改善!不足している栄養素まとめ

必要栄養素

ビタミン、ミネラル、タンパク質

ビタミン

  • B  1:疲労回復、代謝を助ける
  • B12:血液を作る
  • E,C:血行を良くする

ミネラル

カルシウム、マグネシウムなど

  • カルシウム:骨をつくる
  • マグネシウム:タンパク質合成、血圧調整

タンパク質

  • 三大栄養素(炭水化物、脂質)
  • 筋肉や臓器ホルモンの材料やエネルギー源にもなっている

 

ビタミンを多く含む食材

  • B 1:豚肉、豆、緑黄色野菜(オクラ、ネギ、ホウレンソウなど)
  • B12:魚類、貝類、卵など
  • E    :アボガド、植物油、ホウレンソウなど
  • C    :レモン、ブロッコリーなど

ミネラルを多く含む食材

  • カルシウム:魚介、ナッツ、エビ、大豆
  • マグネシウム:魚介、大豆、昆布、わかめ、ナッツ

マグネシウムは、カルシウムと作用し、骨を丈夫にするので、同時に摂取することが望ましい。

タンパク質を多く含む食材

  • 鶏肉、豚肉、牛肉

まとめ

 骨を丈夫にすることを前提とした腰痛対策として、ビタミンやミネラル、タンパク質があげられるようです。

また、腰痛だけではなく、ビタミン、ミネラルは肩こりに、

ビタミンE,Cは腰痛、肩こり、その他、頭痛や生理痛の対策にもつながるようです。

ビタミンCはストレスで消費しやすいので、意識して取るようにするといいのかもしれません。

また、一つの食材で様々な栄養素もとれるので、うまく組み合わせることができれば、効率のよう栄養摂取ができるのかも。

 

正直、まだまだ勉強中です。これからも調べたことを自分なりにまとめていこうと思っています。

 

 

 

現代病の代表、腰痛!腰痛対策クッション口コミ

現代病の代表、腰痛

 商品説明

  • 人間工学に基づいた、ヘルスケア座布団です。
  • 高弾性フォームで、腰や尻など形状や動きにフィットして体を支えます。
  • 腰痛だけではなく、産後のことなども考えたデザインです。

【腰痛対策クッション 座楽(The Luck)】

 

口コミ

  • ピッタリと太もも、お尻に収まり、座りごごちがすごく良い。
  • パソコン入力中でもずっと背筋が伸びている。
  • お尻がホールドされている感じが心地よく、自然な姿勢矯正ができる
  • 使用してみると、自然と背筋が伸びる。

まとめ

長時間同じ姿勢でいることなどで、椎間板に負担がかかることなどが原因で、腰痛に

なることがあるようです。もちろん負担のかかりにくい姿勢で座ることも大切で、座楽では、自然と腰に負担のかかりにくい姿勢がとれるようになっています。

60日間お試しで、満足できなかったら返品も受け付けてくれます。